どんぐりrecipe

どんぐりを使ったお料理レシピを紹介しています。 メイン食材はALLどんぐりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

どんぐりパン

どんぐりぱん。焼いてみましたよ。ヽ(*^。^*)ノ
秋田と青森が誇る、世界自然遺産・白神山地で発見された純自然酵母、
白神こだま酵母で焼き上げたパンです。

donguri-pan1.jpg

使ったどんぐりはコナラです。
例によってアク抜きし、完全には潰さず、荒めにひいた粉を使いました。
プチプチした香ばしい歯触りを楽しむために。
そして油脂や卵、乳製品を加えない、シンプルな配合で焼いています。
どんぐり本来の味が伝わるかな?

donguri-pan2.jpg donguri-pan3.jpg donguri-pan4.jpg

最初に、どんぐりをローストしておきます。
(半分を最初に生地に加えて、残りの半分は後で加えるためにとっておきます)

白神こだま酵母は、温水(約30度)で溶かしておきます。

ボウルに、分量の強力粉、甜菜糖、塩、ローストしたドングリ粉(半量)、溶かした白神こだま酵母を入れて、まとめてこねていきます。

台に生地を置いて5分こねたら、5分ほどボウルを被せてそのままおいておく。
(生地が自然に馴染んでいきます)

donguri-pan5.jpg donguri-pan6.jpg donguri-pan7.jpg

その後10分こねます。
ここで残りのドングリ粉(半量)を練り込んでいきます

ひとまとめに丸めて、ラップをして約2倍の大きさに膨らむように
30度で50~60分、一次発酵させます。


donguri-pan8.jpg donguri-pan9.jpg donguri-pan10.jpg

一次発酵が終わったら、6当分に分割します。
かるく丸めて、ベンチタイム。(10分ほど)
ふきんを被せて乾かないようにしておきます。

donguri-pan11.jpg donguri-pan12.jpg donguri-pan13.jpg
表面が奇麗になるように、かるく丸めなおしたら、天板にのせます。

乾かないように、生地とオーブン庫内に霧を吹いて、30度で50分ほど二次発酵させます。

二次発酵が終わったら、いよいよ焼成です。
180度で15分ほど焼き、温度を190度にあげて8分焼きます。
(温度を上げることで、外側を香ばしく焼き色をつけます)

donguri-pan14.jpg donguri-pan15.jpg donguri-pan17.jpg donguri-pan18.jpg

焼き上がりはこんな感じ。
リーンで素朴なパンです。どんぐりのプチプチが楽しいパンです。

2~3日置いて、軽くトーストして食べると味がなじんでいて美味しいはず。
どんぐりパン、いろいろとアレンジが出来そうなパンですよ。

今回使った、白神こだま酵母ドライと、参考にした本です。
この本のパンはどれも美味しいですよ♪

----------------------------------------------
■材料と分量(6コ分)■
----------------------------------------------

強力粉(国産・地粉) ・・・・・300g
ドングリ粉 ・・・・・70g
甜菜糖 ・・・・・大さじ2
塩 ・・・・・大さじ1/2
水 ・・・・・160cc
白神こだま酵母(ドライ) ・・・・・6g
酵母を溶かす温水(30~35度 ) ・・・・・大さじ3

----------------------------------------------

一次発酵 ・・・・・30度・50~60分
ベンチタイム ・・・・・10分
二次発酵 ・・・・・30度・50分
焼成時間 ・・・・・180度・15分→190度・8分

----------------------------------------------

■参考文献

「どんぐりの図鑑」    北川尚史 監修  伊藤ふくお 著  トンボ出版
「山菜と木の実の図鑑」  おくやまひさし  ポプラ社
「白神こたま酵母でパンを焼く」 大塚せつ子著 農文協

 パン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。