どんぐりrecipe

どんぐりを使ったお料理レシピを紹介しています。 メイン食材はALLどんぐりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

どんぐりとレーズンのパン

白神こだま酵母で焼く、どんぐりのパンです。
粉はcuoca北海道産強力粉(コンチェルト)を使用しています。

どんぐりパン(レーズン)2 どんぐりパン(レーズン)1

------------
2本分

・強力粉(国産ブレンド) ・・・・・300g
・どんぐり粉(コナラ) ・・・・・100g
・塩 ・・・・・小さじ1と1/2
・甜菜糖 ・・・・・大さじ1
・レーズン(練りこみ用) ・・・・・50g
・レーズン(後入れ用) ・・・・・60g
・水(温水) ・・・・・160cc
・白神こだま酵母ドライ ・・・・・8g
・酵母を溶かす水(温水) ・・・・・20cc

------------

練りこみ用のレーズンを熱湯に入れて、柔らかくしてから刻んでおきます。
酵母は温水(30度くらい)で溶かしておきます。

ボウルに、分量の強力粉、甜菜糖、塩、どんぐり粉、刻んだレーズン、
溶かした白神こだま酵母を入れて、まとめます。

最初に5分こねたら、5分ほどボウルを被せてそのままおいておく。
(生地が自然に馴染んでいきます)


その後しっかり10分ほどこねます。

ひとまとめに丸めて、ラップをして約2倍の大きさに膨らむように30度で50~60分、一次発酵させます。

一次発酵が終わったら、2つに分割し、軽く丸めて10分ほどベンチタイム。
(乾かないように布をかける)

生地を長丸く成形したら、天板にのせます。
乾かないように霧を吹いて、30度で50分ほど二次発酵させます。

二次発酵が終わったら、 軽くクープを入れて 180度で25分焼きます。

--------

使ったどんぐりはコナラです。
油脂や卵、乳製品を加えない、シンプルな配合で焼いています。
レーズンととってもよく合います。レーズンの自然な甘さを活かしてます。


秋の味覚・どんぐりは、いろいろなお料理に使えます。
縄文時代の日本ではどんぐりは主食として食べられてきました。
いろいろな食べ方を研究中です。

 パン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。